安全

安全

安全Safety

新入社員研修

New Employee Training

長崎バス安全教育センターにて全職種の新入社員研修を行っています。
教習コースが併設されているため、運転者の技能講習の他、他職種の車両特性教習も行うことができます。
又、新入運転者は、休み時間を利用し、自主訓練等を行うことができ、学ぶ場としての環境が整っています。

新入社員研修

フォロー研修

Follow-up Training

入社半年から3年目の運転者を対象にフォローアップ研修を行っています。新人研修で学んだ基本動作と安全意識、接客サービスの再認識を行い、今後のレベルアップを目指します。

フォロー研修

運転者安全技能向上研修

Driver Safety Skills Improvement Training

運転技術の向上を目指し、入社5年目以上の運転者を対象とした「安全技能向上研修」を実施しています。
危険の回避に必要な安全運転の知識や技能を実践的に習得します。
研修室での机上教育により理論を理解し、教習コースでは実技を行い、自ら体験することで安全技能を定着させています。

運転者安全技能向上研修

運転者接遇研修

Driver Customer Service Improvement Training

運転者を対象とした接客力を高めるための「接遇研修」を実施しています。教室での講義とあわせて実技研修を多く取り入れ、お客様の立場に立ち、お客様の気持ちを理解した「安全・安心」の長崎バスを目指しています。

運転者接遇研修

運行管理者研修

Operation Manager Training

運行管理者の役割と業務の理解浸透を目的に研修を実施しています。厳正な点呼の仕方や運転者への指導の仕方を受講者同士で共有し、運行管理者としてのスキル向上を図っています。
また運行管理者は、バスの車両特性も理解しておかなければなりません。研修会では、日頃の乗務員指導に役立てることの出来る効果的な指導法も学んでいます。

運行管理者研修

安全・安心ハンドブックの活用

Utilization of safety and security handbook

安全運転、接客・対応の標準化を図り、長崎バスグループの“使命”“経営理念”と従業員の日常業務とをつなぐツールとして制作した安全・安心ハンドブック。バスの運行・お客様の安全を確保するために必要なルールなど、写真・イラストを多用したケーススタディでわかりやすく解説したハンドブックは、全従業員が所持し、現場のOJT教材としても活用しています。

安心・安全ハンドブックの活用

運輸安全マネジメント

Transport Safety Management

長崎バスは「安全最優先の原則」・「関係法令等の遵守」の下、社員一丸となってお客様の安全輸送確保に取り組んで参ります。

長崎バス『安全報告書』2017年度(平成29年度)版 [2.6MB]

ドライブレコーダーの装着

Attaching the Drive Recorder

当社では、走行中の音声や画像を運転中常時記録する「ドライブレコーダー」を全車両に搭載しています。運転席から死角になる部分の映像記録や事故の原因分析等が可能になります。また、ヒヤリ・ハット情報を収集し、ハザードマップを作成、映像と見比べながら事故の原因分析を行い、事故防止に役立てるなど、運転者への指導・教育に活用しています。

車両火災対応訓練

Vehicle Fire Response Training

走行中のバスにおいて出火が起きた場合、最優先に考えるのはお客様の安全です。いざと言う時に備え、迅速な対応ができるよう車両火災を想定した消防訓練を行っています。非常時でも冷静な対応ができるよう、日頃から所員の防災意識の向上に努めています。

車両火災対応訓練